夏椿館管理組合理事長日記

理事長のつぶやき

<< お見舞いもうしあげます。 | main | 希望を信じていたい。 >>
スポンサーサイト (2012.04.11)

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
私たちのできること (2011.03.13)
JUGEMテーマ:天変地異、災害

 

先日地震から時間が過ぎて、その生々しさにタダ祈ることしか今はできません。
時をみて、自分のできることを行いたいとおもいます。

気になることが一つ。

中部より西のお住まいの方は、いくら節電を心がけても
被災者の方に届きません。

というのも、東日本と西日本では、電気の周波数が違います。
従って、関西電力の電気を東日本に送るには、周波数を変換しないといけません。
この周波数変換施設の容量には上限があります。

関電のホームページより

電気は、そもそも備蓄できるモノではありません。

私たちのできることは、節電ではありません。

もし、節電を呼びかけるようなメールがとどいたら、それこそがまやかしなのです。
節制して、被災者の方の助けになることを考えましょう。行いましょう。



| - | 20:50 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト (2012.04.11)
| - | 20:50 | - | -
コメント
私もそう思います。
関西在住の方、ぜひ経済を回してください。
日本沈没にならないように!
関西でイベントを自粛するくらいなら、その会場で募金をしていただいたほうが、どれだけ助かるだろうか・・・と思います。(関東はやはり電気を節約しないと・・・なので、自粛やむなしなのですが。)

そういう私自身、オシャレを楽しんだり生活を楽しむ・・・という気分には、まだなかなかなれずにおりますが、でもできるだけフツーに、フツーに・・・と思って、暮らしています。
| Comari | 2011/03/27 11:16 PM |
■Comariさま

コメントありがとうございます。

我々日本の西に住んでいるものが、経済活動をしっかりしないとと思っているのですが、
なかなか、上滑りに日々が続いております。あの日以来。

普通に生活できること、実は素晴らしいことなんですね。

あれ以降、ブログを綴ることも多忙と失望の中で中断しておりましたが、
そうやく、下ばかりも向いてられないとフツーを心がけていこうと少し前向きに。

Comariさまも生活にご不便がおありとは存じますが、
どうぞ、フツーに生活することが一番の経済活動だとおもいます。



| 理事 | 2011/03/28 2:21 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lunasole.jugem.jp/trackback/1381
トラックバック